ニセ税理士




 前回までは、税理士法第50条より派生したものと考えられる団体、つまり、制限はあるまでも、一定の条件のもと、税理士業務を行える団体について説明してきました。


 今回からは数回に分けて、税理士法第50条とは関連性がまったくない、つまり、税理士業務を行う資格のない「ニセ税理士」について、説明したいと思います。


 まず、ニセ税理士とは、税理士の資格が無いにもかかわらず、税理士業務を行っている者の事を言います。つまり、資格を必要とする業種の世界には、どこにでもいる「もぐり」のことです。


 初めて起業したり、事業を開始された方は、特に、このニセ税理士に注意していただきたいと思います。


 というのも、ニセ税理士に関わると、のちのちトラブルになることが非常に多く、その場合に困るのは、ほかならぬ、納税者自身なのです。


 よくある例としては、会計事務所に勤務していた者が、税理士の資格を取得できずにその会計事務所を退職し、その勤務時代に担当関与先であった企業、その他の納税者に甘言を用い、引き続き業務に携わろうとするケースです。また、次のようなケースもあります。


 顧問税理士を未だ依頼するに至らない程の、小規模会社の経理をしていた者が、税金の勉強をし、それまでの会社とのコネをフルに利用して、退職後その勤務していた会社、あるいは、その会社の取引企業等を関与先として税理士業務を行う場合です。私がまだ会計事務所に勤務していた時、次のようなことがありました。


 ある日、息せき切って、60歳過ぎの一人の納税者が突然事務所に飛び込んできました。話を聞いてみると、その納税者(会社の社長)が委嘱していた税理士が行方不明になってしまい、どうしてよいのか分からない、ということでした。


 しかも悪いことに、税務経理関係はその税理士に全てまかせっきりだったといいます。さらに話を聞くと、どうもその税理士なるものは、ニセ税理士のようでした。


 その税理士なるものは、競輪にこり、町の金融業者から多額の借金をしていて、さらには、金融業者の取立てが妻に及ばないために、偽装離婚をしていました。


 その社長のショックが、あまりにも大きく見えたので、早速、その会社の帳簿類を拝見しました。帳簿を調べているうちに、案の定、会社の金が使い込まれていることが分かったのです。


 社長の希望により、この件は税務上の問題だけで済ませましたが、他人事ながら、本当に腹が立ったことを記憶しています。


 また、バブル期には、土地の高騰に伴う、不動産業者による脱税幇助(ほうじょ)も存在しました。


 当時の土地の値上がりは異常で、一坪数千万というのも、都心部では珍しいことではなく、みなさんも記憶に新しいことでしょう。


 この場合、所有権の移転がなければ、固定資産税・都市計画税がいくらか高くなるくらいでしたが、土地の譲渡であるとか、相続などにより所有権の移転があれば、多額の税金が発生しました。


 それを無理やり、一部の不動産業者が、課税を免れさせようとした(幇助)のです。


 これらはどれも、税理士資格のない者が悪質な行為をして、行方が分からなくなったり、トラブルを抱えたりして、結局は、納税者が困ることになるのです。


 次回も引き続き、ニセ税理士について説明しようと思います。

この記事へのコメント
こんにちは。初めてお邪魔します。

私は、税理士業界の求人事情についてブログを書いています。

まだまだ税理士業界について知らないことも多く、

阿部さんのブログで、いろいろ勉強させていただければと思っています。

もしよろしければ、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。

メールアドレスが分からなかったため、コメント欄にて失礼しました。

どうぞよろしくお願いします。
Posted by 米森 at 2006年07月14日 11:40
ありがとうございます
>>米森さん

早速リンク設定させて頂きました。

こちらこそよろしくお願い致します。
Posted by 阿部税務会計 at 2006年07月15日 16:16
お返事ありがとうございます!
こちらからもリンクさせていただきました。
税理士業界の求人事情をしっかりお伝えして
税理士を志す方と、採用側の良い縁を作れる
ようにがんばりたいと思います。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 米森 at 2006年07月15日 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。