税金とは




 今日からは、数回に分けて、税金と税理士についての概要、並びに税理士業務を行っている者たちについての概要を説明していきたいと思います。


 我々は、日々税に関することをよく口にします。それは、私が税理士だからということではなく、皆さんもよく口にすることでしょう。


 例えば、悪事がバレた時の「年貢の納め時」であるとか、所得税の定率減税の廃止、消費税率のアップ等です。


 恐らく、国家が存在する限り、税金に関する話題も途切れることはないのでしょう。正に、「国家あるところ税金あり」です。


 また、古今東西問わず「税金」にまつわるエピソードも数限りありません。


 ヨーロッパにおける革命でも、その根底には税金の問題が絡んでいることが多いのです。例えば、マグナ・カルタ(大憲章)も、王の恣意的な課税に端を発していました。


 我が国においても、「佐倉宗五郎事件」は芝居あるいは講談などでもよく知られているところです。

 
 佐倉宗五郎(本名は木内宗吾というが、戯曲の中で使った、この佐倉宗五郎という通称名の方が有名となる。)は、慶長10年(17世紀前半)現在の千葉県佐倉市において、代々続く名主の家に生まれ、そして、宗五郎が名主をしていた頃、佐倉藩において「新税法」が誕生しました。

  (1) 従来の年貢の他に、別に年貢が徴されることになった(増税)。

  (2) 新しく開墾された田んぼにも、年貢が課税されることになった(新税)。

  (3) 以前にも増して、未納税者を厳しく罰することとされた(罰則強化)。


 以上のような内容のものでありました。豊年時はまだしも、凶作による飢饉が続いた時は、百姓一揆が勃発しても不思議ではありません。


 佐倉宗五郎は、農民のために我が身を賭して直訴に及び、その目的は達せられたものの、自分は刑場の露と消えたのでした。


 時に宗五郎、49歳という年齢でした。その功績を称える者は多く、歴史上、義民の代表的人物であることは、衆目の一致するところです。

この記事へのコメント
『阿部 員大』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年05月27日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。