はじめに2




 いまやどこの書店に行っても税に関する本が氾濫しています。ハウツウものから専門書に至るまで数え上げれば枚挙にいとまがない。


 専門書は別としても、それらの多くは具体的な設例を用いて、読者がその部分を読むだけで節税、ないしは税金の還付を受けることが出来るという類の本です。


 そのような意味においては、当ブログは皆さんにとって物足りないと思われるかもしれません。


 しかし、税金に関する問題は、例えば囲碁のようなもので、局部的に対応するだけでは駄目なのです。常に企業全体を念頭に置きつつ、高度な税務専門知識を武器として処理していかなければなりません。


 それが出来るのは、税の専門家である税理士だけだと自負しております。


 当ブログは、「これから事業を行おうと考えている人」、「あるいは既に開業しているが適当な税理士が見つかっていない」、という経営者のために立ち上げました。


 そして、「税理士の活用法」というテーマのもと、いろいろなタイプの税理士の、長所・短所を説明していこうと思います。その中から皆さんは、御自身にぴったりの税理士をお選びください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。